日米の砂像 除幕式

鳥取駅前風紋広場で谷口ジロー砂像と映画ジャスティスリーグの砂像の除幕式がおこなわれた。

深澤義彦鳥取市長は挨拶の中で「オンリーワンの鳥取ブランドである鳥取砂丘が、オンリーワンの能力を秘めた“ジャスティス・リーグ”のヒーローたちと、コラボレーションできたことはとてもうれしく思っています」とコメント。まずは、「谷口ジロー砂像」のお披露目がおこなわれ、故谷口氏をイメージする大きな砂像が姿を現わした。
続いて「ジャスティス・リーグ砂像」の除幕式に移動し、現在ガイナーレ鳥取代表取締役 GMを務める元サッカー日本代表の岡野雅行氏が深澤市長らと共に除幕スイッチのボタンを作動させた。

大きな幕が左右に分かれると、約150トンもの砂を使用し、高さ3.4メートル×幅7.4メートル×奥行4.2メートルという特大サイズの『ジャスティス・リーグ』の像が出現。応援隊としてリアルなコスチュームに身を包んだコスプレイヤーたちも出現した。

バットマンに扮したMattマンの登場に、会場は大盛り上がり。Mattさんは巨大な砂像を見上げ、「とにかく凄いとしか言いようがないですねー」とその巨大さに感嘆の声。バットマンのスーツを着用していることに関しては「コスプレが大好きで、去年のハロウィンはジョーカーだったんです。今年はバットマンになれて嬉しいです!」と、にこやかに語った。

砂像制作者との記念撮影

その後、コスプレイヤーさん達は鳥取砂丘と砂の美術館へ。

砂の美術館

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top